タクシードライバーとは乗客を目的地まで安全に輸送する仕事です。
形態としてタクシー会社に勤務するか、個人で営業するどちらかになります。
タクシードライバーになるために経験や学歴は必要ありません。
タクシードライバーの必要な資格として自動車の第2種普通運転免許を持っていなくてはいけません。 学歴・経験は不要です。しかし、自動車の第2種普通運転免許を所持していなければなりません。

第2種普通運転免許の資格取得には条件があります。
第2種普通運転免許の資格取得の条件として21歳以上である必要があります。 大型自動車・普通自動車第1種・大型特殊のどれかの免許を取ってから3年以上経過している必要もあります。
タクシー会社では2種免許取得を簡単にするため、1種普通免許保有者に養成訓練を行っているところもある。 合宿に行けば7~10日間位で2種免許を取得できると思います。

東京・大阪地域のタクシー会社で働く場合には、タクシーセンターの地理試験に合格しなければなりません。
地理試験の問題は、主な道路の名称、公共施設、ビルなどへどの経路で行くのが1番近いかなどがあります。 東京・大阪では地理試験に合格しないと乗務員証が発行されないので勤務を行う事は出来ません。
多くのタクシー会社には過去の問題集があると思います。 地理試験は過去の試験問題を勉強すれば問題ないと思います。