タクシードライバーの勤務のありかた

タクシードライバーは男性が多くなっているが少数ではあるが女性のタクシードライバーもいます。 一般的に女性のタクシードライバーは昼日勤の場合が多くなっている。
タクシードライバーの多くは正社員で月平均12程度乗務することが多い。

隔日勤務の場合、シフト制で勤務開始時間はまちまちである。
隔日勤務では一回の乗務を2日分の労働と計算するため、1か月に約24日相当の勤務をします。
昼日勤は朝から夕方まで毎日乗務する勤務体系です。
夜日勤は夜から朝まで毎日乗務する勤務体系です。
昼日勤と夜日勤の場合は1か月に22回から26回の乗務をすることになる。 通常、正社員は昼日勤か夜日勤の勤務体制で勤務に当たります。

高齢者や兼業者でタクシードライバーを行う場合の多くは定時制で乗務することが多い。
定時制は正社員ではないので月に16日分乗務しかできないです。

タクシードライバーの給与形態は固定給と歩合給の両方存在する形が多いです。
タクシードライバーの給与は稼働日や売上によって給与大きく変動します。 賞与は毎月の給与の中から一部控除し、賞与の時に渡すが、売上が少ない場合は支給されない。

規制緩和されたことでタクシー台数が急増し、過当競争が起こり、労働環境が悪化しているという見解がある。