採用支援会社はノウハウの提供も行う

会社が人員の補充を行う場合は採用の具体的な基準を設定し、その選考スケジュールや書類選考や面接などの場での具体的な進め方や絞り方などを明確化しておかなければなりません。しかし多くの会社のなかには未だ信じられないことにその具体的基準や進め方すらできていないただ単にスーパーマンみたいな人材が欲しいとしか願っていないような会社も少なからずあります。また社員を削りすぎて採用のための時間すら割り当てられないような会社すら少なからずあります。これではまともに社員の採用や補充などできません。そこでそのような会社内部の事情を考慮して採用支援会社たるものが存在します。その採用支援会社では採用活動を代行することで人員対策にもつながりますが、それ以上に具体的な採用基準や選考時の進め方などのノウハウを提供することで会社に対してのアドバイスも提供しています。それによってあいまい漠然だった採用に対する考え方に対しての一考させる貢献ももたらしています。

採用支援会社は、凄いです。

採用支援会社が出来たのも、ここ最近の様な気がします。本当は、もっと前からあったのかもしれないですが、世に知れ渡ったのが、最近です。希望の会社に入社したいと思っている人が、この会社に連絡して採用を頂ける秘訣的な事を教えて下さいます。と言ってもヒント的な事なので、確実に採用されると言う訳では無いです。そこの企業の情報を把握して面接する際に、会社の魅力を言える様に、伝授して下さいます。何よりも、志望動機をどうしたら良いか悩んでいる人は、多いと考えますが、この志望動機も教えてくれます。筆記試験などある会社が多いので、こういう問題が出ますよなども教えてくれますので、本当に採用への道が遠くないって事を実感出来るのでは無いでしょうか。何もしないよりは、確実に採用に近くなってきますので、是非、採用支援会社に頼ってみましょう。

企業が採用支援会社を活用する理由

「採用基準そのものをアウトソーシングする」という立場から、採用支援会社を活用するケースが、大企業を中心に、増えてきています。この種の会社が提供するのは、「採用業務におけるノウハウ、および工数を提供するサービス」であり、決して有形のものではありません。単に安定した業務委託先、という認識では問題が生じます。企業の人材戦略づくりのパートナーとしての視点が、採用支援会社には必要になります。新卒であれ既卒転職組であれ、「限られた人数を、限られた費用で採用する」という現代の厳しい状況下では、採用のミスマッチや採りこぼしは、極力避けなければなりません。そのためには、自社内の限られた経営資源だけでなく、採用のプロである採用支援会社の持っているノウハウの活用が、採用の成否に大きく影響を及ぼすことになるからです。