タクシーとは何か

タクシーとは、少人数の旅客を輸送する公共交通用途の乗り物である。
タクシーは乗客が行きたい目的地を指定します。
現代ではタクシーは基本的には自動車が使われている。

日本には経営形態の違いから法人タクシーと個人タクシーがある。
法人タクシーとは、主に複数の運転者・複数の車両により経営許可を受けた企業により運営されている。
個人タクシーとは、運転者自身が1両の車両のみを使って運行する形態です。

タクシーの起源は馬でした。
馬が交通の中心だった時代、徐々に人々は村や都市を形成し生活するようになった。 馬車がタクシーとして使われたいた。 馬車が一番の移動手段であり、人員や貨物の移送手段として長い間用いられていた。
タクシーの原型は馬車を所有する者の中から営利目的として代価を取るり、代理移送する者が現れたことです。
日本では江戸時代は駕籠(かご)が、明治時代では人力車などがタクシーとして使われていました。

日本におけるタクシー事業は道路運送法上の一般乗用旅客自動車運送事業と規定されています。
タクシーは事業用自動車をします為にナンバープレートの色が通常の乗用車と逆になっている。 自家用自動車を使って無資格で営業している違法の白タクというタクシーもある。